結婚式はマナーを抑えたパーティードレスを


結婚式に出席する際は、マナー違反にならないように注意が必要です。
マナー違反のパーティードレスで出席してしまうと、自分の評価を下げることはもちろんのこと、招待してくれた相手の評価も下げることとなってしまいます。お祝いの場ですので、場に相応しい配慮した格好で出席するようにしましょう。

純白は新婦の特権なのでゲストは避けましょう

絶対に着てはいけないカラーは白です。
白は新婦の色となりますので、遠目から見て白に見えるドレスや座っていると白に見えるドレスは、着ないようにしましょう。

冬に人気のあるファッションアイテムであるファーも、実はマナー違反です。殺生をイメージさせるとのことで、毛皮や革素材はお祝いの場では好まれません。

また、ミニ丈のドレスや肩出しのドレスのように、露出が多いドレスはマナー違反となります。しかし、披露宴の時間帯が夜になると、イブニングドレスが正装となりますので、注意が必要です。
他にも注意したいのがカラーです。
また、新婦のお色直しのカラーが分かっているのなら、被らないように配慮しましょう。

This entry was posted in シーン別パーティードレスの選び方. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found